一人ひとりが花開く“よこすか”へ
日本共産党横須賀市議会議員

大村洋子

おおむら ようこ

市議選への決意

大村洋子3期目へー⑬ 横須賀にも中学校完全給食を実現させるまで頑張ります!ーⅲ

2015年4月18日
LINEで送る

私は実は、市長選挙前までは、それほど中学校給食実現に熱心ではありませんでした。神奈川が極端に実施率が低いことは知っていましたし、何より、私自身が自分が中学生の時には東京で給食を食べていたのに、25年経って横須賀の中学生となった息子には給食がなく、お弁当をつくるはめになった私はそのことに対して、変だ!絶対変だ!横須賀ってなんて、遅れた自治体だろうか!と実感したものです。

それでも、私の中では、それほどこの中学校給食の問題は自分の中の問題意識としては、優先順位の高い問題ではありませんでした。共働きの家族にとって、朝の忙しい時間に子どもの弁当作りは、そりゃ大変なことだ、栄養バランスのとれた美味しい給食、温かい給食、横須賀の中学生に食べさせたい、そんなことは当然思っていましたが、それでも、私の市政に対する問題意識の優先順位としては他にまだ優先させるべきことがあったのです。

ところが、ところがです。私はこの中学校給食の問題は、お金に余裕が出たら行えば良いという程度の問題ではなく、一刻も放置してはならない、喫緊の課題であると認識を変えることになったのです。

2給食署名

署名のお願いは街頭でも旺盛におこないました。