一人ひとりが花開く“よこすか”へ
日本共産党横須賀市議会議員

大村洋子

おおむら ようこ

活動日誌

地域からの要望。階段の手すり付け。

2015年3月24日
LINEで送る

近所の方から階段の手すり設置の要望がありました。あまり日中は家にいないので、ポストに手紙を入れてくださっていました。我が家の横の階段は、そもそもステップの幅が狭いし、ステップじたいが平らでなくて、本当に歩きにくい階段だったのです。

原さんからのお手紙

下の画像は階段の全体像で、一番上に登るところは右に曲がるのですが、そこの階段部分に手すりがありませんでした。

階段手すり取り付け要望 (7)

道路維持課へ連絡をして、手すりを付けてもらいました。先日、私が下から登ってくると、上から降りようとしていた男性が、手すりをまじまじとみていたので、「手すりを付けましたが、いかがですか?」とお尋ねすると、「いいのが付いたね。けっこう、お年寄りがいるからね。」とおっしゃっていました。金属加工のお仕事をされていたみたいなお話しぶりだったので、手すりのマテリアルな部分が気になったようでした。いずれにせよ、道路維持課が素早く動いてくれたことに感謝しつつ、地域の方に喜ばれていることがわかり、私も嬉しく思います。後日、要望いただいた方からもお礼のお手紙をいただきました。

003