日本共産党
横須賀市議会議員

大村洋子

おおむら ようこ
一人ひとりが花開く“横須賀”へ
大村洋子
洋子の目

今日は「昭和の日」 祝日の意味と元号について考えてみる

2022年4月29日

 日本の2022年「黄金週間」が始まった。今日は4月29日でカレンダーでは赤数字になっている。「国民の祝日」である。カレンダーの赤数字を「旗日(はたび)」という人がいる。私の母などもこの言葉を使っていたので、ははぁん、祝日のことを「旗日というのか」とこどもの頃から思っていたが、大人になって、「日の丸」や「日章旗」が侵略戦争の文字通りの「旗印」になっていた歴史を学ぶようになって軽々に使うことが憚られるようになった。

 少し、脱線したが、とまれ、今日はその「国民の祝日」にあたる「昭和の日」である。もともと昭和天皇の誕生日あった。私は昭和で言うと39年生まれなので、学生時代はすべて昭和であり、学校も休みの日となった4月29日は「天皇誕生日」ということでずっと認識していた。その後、元号が平成になり「天皇誕生日」は12月23日となった。平成の天皇の誕生日がこの日だったからだ。そして、4月29日は「みどりの日」となった。新緑の美しい季節、そして国民がかたまりで休めるゴールデン・ウィークのはじまりとして、いいんじゃな~いと思っていた。そして、その後「昭和の日」となった。「みどりの日」として定着してきたところで、「昭和の日」としたことを日本共産党はどういう見ているのか。改めてネット検索してみると2003年8月9日(土)「しんぶん赤旗」にこんなふうに出ていた。

 

以下そのまま掲載。

「昭和の日」は何が問題?

〈問い〉 四月二十九日を「昭和の日」にしようとする動きがすすんでいますが、どんな問題がありますか。(岐阜県・一読者)

〈答え〉 昭和天皇の誕生日だった四月二十九日を「昭和の日」にしようとする祝日法(国民の祝日に関する法律)改悪案が、七月、日本共産党と社民党の反対を押し切ってわずか二時間の審議で衆院を通過しました。現在、参院で継続審議となっています。

 四月二十九日は現在「みどりの日」となっています。昭和天皇の死後も旧・天皇誕生日の祝日扱いを続けようとする自民党などが「国民の祝日」とすることを強行したものです。しかしその後、国民の中で「みどりの日」と昭和天皇との結びつきが薄れ、「たんなる休日」となっていくことに、自民党などは危機感を募らせています。法案は四月二十九日を「昭和の日」とすることで、天皇と結びついた“特別な日”として国民に銘記させようというのです。

 昭和天皇は、みずからが国の全統治権を握る政治体制のもとで侵略戦争を進め、国内外に未曽有の惨禍をもたらした最高責任者です。この人物の誕生日を「国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日」(祝日法第一条)とすることは、侵略戦争と暗黒政治の反省に立った日本国憲法の国民主権、平和、民主主義の原則とあいいれません。

 戦前の日本の祝祭日は、江戸時代までの民衆の伝統祝祭日を廃止して天皇制政府が制定したもので、明治天皇の誕生日である「明治節」など、宮中行事や国家神道と深く結びついていました。戦後、一九四八年に制定された祝日法は、新憲法にそい国民が容易に納得・参加できるなどの基準で「国民の祝日」を選定し、明治節などを排除しました。「昭和の日」を設ける企ては、祝日法の理念にも歴史の流れにも逆行します。

 国民感情の点でも、歴史体験などから「昭和」の名を冠することに拒絶感を抱く人は多く、形式審議で強行することは許されません。 (

 

 4月29日を「昭和の日」にしようとする策動は20年くらいまえから起こり、実際に2003年に法制化の議案が可決されたということだ。

 ちなみに昭和の前の大正天皇の誕生日は8月だったが、まったく祝日して残そうという機運はなかったようだ。明治天皇の誕生日は11月3日で今では「文化の日」となっている。私は現憲法の公布の日として認識していた。そして、半年後の5月3日に施行されたのだと。しかし、もともとは明治天皇の誕生日であったのだった。

 話を「昭和の日」に戻すが、昭和という一つの時代のかたまりは日本国にとって日本人にとって大きなものであることは私も同意する。しかし、それも30年、50年、100年と時代を経たときに同じ重みで捉えることとなるだろうか。「大正の日」がないのは大正時代が短かったためということがあるそうだが、それは相対的な時間の長短あるけれども、昭和という時代も年月が経つうちに相対的に過去のもとなり「思い入れ」も薄まっていくのではないか。そもそも私は人物の「在位」で時代を分け、それが国民の物差しや共通認識として暮らしの土台になることを良いとは思わない。祝日という祝うという行為を強いられることも好まない。

昭和という時代の総括をすることと「昭和の日」として「祝意」を示すのとは違う。前者については時が経たとしても忘れてはならないし、そのスタンスは今後も確固として持つべきと思う。

 

百花繚乱のこの季節

お花さんたちの登場です。

お花さん4 (6)

IMG_6887

お花さんたち2 (2)

新着情報

横須賀市の中学校給食 センター方式が軌道に乗っている様子を視察&試食
NEW
横須賀市の中学校給食センター方式が軌道に乗っている様子を...
活動日誌
上地市長の「それは委員会マター」答弁を検証する
上地市長の「それは委員会マター」答弁を検証する
洋子の目
市長が「米軍関係者を、市民と考えている」事についてのアンケート
市長が「米軍関係者を、市民と考えている」事についてのアン...
洋子の目

過去記事一覧

PAGE TOP