日本共産党
横須賀市議会議員

大村洋子

おおむら ようこ
一人ひとりが花開く“横須賀”へ
大村洋子
議会

横須賀米海軍に対して新型コロナウイルス感染対策の強化を求める要請

2021年12月22日

沖縄のキャンプ・ハンセンにおける感染者が今日時点で210人とのことだ。

このクラスターの中にオミクロン株の保有者がいるのかどうか。

キャンプ・ハンセンの日本人従業員も含めわかっているだけで4人はオミクロン株の陽性者とのことだ。

日本の米軍基地内にはオミクロン株を検知できる術がないらしい。ないのならば、本国に検体を送って調査するなりとにかく実態把握をするべきではないか。あるいは日本にそれを依頼することもできるではないか。日米合同委員会合意でそのようなことはしないことになっているのだろうか。これではそもそも軍隊としての体をなさないと思う。私が言うのもおかしいが。おかしいついでに、横須賀の米軍はまたもや学校への忍び込みをやって現行犯逮捕された。例によって飲酒がらみである。

上地市長は「米軍も市民」と言う。私は12月定例議会で誤解を招きかねない表現なので今後は使用を控えるべきではないかと言った。私らしくもなく、かなり婉曲な表現まわしで質問したが、つまりは「米軍も市民」なんて言うな、恥ずかしいからってことだ。

地方自治法の冒頭、自治体の目的には「福祉の増進」とある。これは広い意味での「福祉」を指し、意訳すると住民の暮らしをよくする全般という捉えで良いと思う。

私たち議員団はそのために仕事をしている。住民福祉一途である。

しかし、いつもその手を煩わされる。米軍基地があるがゆえに。

「米軍は日本を守ってくれているんだから」という声が遠くに聞こえる。

しかし、それは・・・・ない。

日本防衛のためと思って任務についている米軍人・軍属がいるだろうか。法的根拠も実態も何もない。日本人だけが思い描く幻想か虚構の産物だ。

日本は米国にとっての安上がりな出撃拠点なのだ。

そんな米軍が日本の陸・海・空を好き勝手に使って、あげくにオミクロン株の実態の報告もしない、酒に酔って学校に忍び込む、我慢できるはずないじゃないか。

 

S__11624463

新着情報

横須賀市の中学校給食 センター方式が軌道に乗っている様子を視察&試食
NEW
横須賀市の中学校給食センター方式が軌道に乗っている様子を...
活動日誌
上地市長の「それは委員会マター」答弁を検証する
上地市長の「それは委員会マター」答弁を検証する
洋子の目
市長が「米軍関係者を、市民と考えている」事についてのアンケート
市長が「米軍関係者を、市民と考えている」事についてのアン...
洋子の目

過去記事一覧

PAGE TOP