日本共産党
横須賀市議会議員

大村洋子

おおむら ようこ
一人ひとりが花開く“横須賀”へ
大村洋子
つれづれ

横須賀再興とういう名の暴走車とならないように

2021年3月20日

首相にせよ、知事にせよ、市長村の首長にせよ、為政者の行いというものの、その人物がいなくなった後の継続性はどうなるのだろうか。

3月定例議会を振り返り、所属している都市整備常任委員会マターの議案について討論原稿を書きながら、疑問が浮かんだ。

端的に言って、上地市長の「スピード感」による「再興プラン」は上地市長がいなくなった後、どうなるのだろうか?ということだ。市長は議員と違ってただ一人選ばれ、絶大な権能を持ち、1期4年、市政の最高責任者となる。上地市長はいろいろなお店を広げるだけ広げているが、それが本当に軌道に乗って上手く「営業」できるのかどうかわからないし、時代の流れは人口減少ダウンサイジング、どちらかと言えば、どうやって上手に丁寧に1つ1つ「店じまい」するのかが問われている。しかもコロナ禍を経験して、誰しもが慎重になり変化というよりは維持・保身を心がける空気だ。(たんす預金が100兆円だという!)

そんな時に、マリノス、ベイスターズ、フェリー就航、猿島3億円トイレ、長井海の手ソレイユの丘ParkーPFI、ティボディエ邸ガイダンスセンター。国庫補助金も引っ張り込んで、観光とエンタメを大展開。

先々、怖い気がする。

もちろん、怖がっているだけではだめで、しっかり監視し提言しなければならないとも思っているが。

2021年春の花 (5)

2021年の春 かもめ団地の桜

新着情報

史跡東京湾要塞跡 千代ケ崎砲台跡
史跡東京湾要塞跡千代ケ崎砲台跡
洋子の目
決算審査をふりかえり討論をしました コロナ禍で市民の知る権利は? 浦賀警察署跡地はどうなる? 横須賀に米・英・オランダの艦船が続々寄港
決算審査をふりかえり討論をしましたコロナ禍で市民の知る権...
しんぶん大村洋子ヨーコ・ヨコスカ・ストーリー♪
コロナ情報 9月定例議会★一般質問★
コロナ情報9月定例議会★一般質問★
しんぶん大村洋子ヨーコ・ヨコスカ・ストーリー♪

過去記事一覧

PAGE TOP