日本共産党
横須賀市議会議員

大村洋子

おおむら ようこ
一人ひとりが花開く“横須賀”へ
大村洋子
しんぶん大村洋子ヨーコ・ヨコスカ・ストーリー♪

年末・年始お気をつけてお過ごしください

2020年12月25日

2020年の振り返り・まとめを行いました。ご覧ください。

 

本文の中にも書いが、2020年3つの残念は

①横須賀市が基地関係県市協議会を退会したこと

②核兵器廃絶の行動でニューヨークへ行けなったこと

③6月定例議会の一般質問が出来なかったこと

県市協の退会は一言で言うと「早まった」行動であり、「おごり」ととられても致し方のないものだと思う。取り返しのつかない「態度」「姿勢」を示してしまった。上地市政にこのような「体質」が内在していることに得も言われぬ深刻さを感じる。

NPT核不拡散条約再検討会議への行動は前回の2015年が市議選だったため、行くことを断念した。だから5年待っていたのである。コロナがあって、これは無理だと思ったこともあったが、その前に持病の「関節リウマチ」の状況が良くなかった。10時間のフライトと異郷の地における行動はその時点で現実的ではなかった。体調管理が難しかった。

一般質問「遠慮」は議会史に残る「汚点」である。議会はこういう時にこそ、執行機関へチェックを入れるのが仕事なのだ。その長たる市長へ質問し姿勢を市民に報告するのが役目なのだ。文書質問は思いの丈を書いたので、1万3千字近くになった。これは通常の一般質問の2倍以上である。残念ながら原稿は会議録に永年保存されないが。

長井海の手公園「ソレイユの丘」 (26)

長井海の手公園「ソレイユの丘」

新着情報

代表質問で明らかとなった上地市政の多くの"ほころび”市職員の残業時間は過労死ラインを大きく超えている。加齢性難聴の補聴器の助成金を要望。久里浜パークゴルフが閉鎖。気になる上下水道の経営審議会。
代表質問で明らかとなった上地市政の多くの"ほころび&rd...
しんぶん大村洋子ヨーコ・ヨコスカ・ストーリー♪
貝山地下壕視察
貝山地下壕視察
議会
福祉援護センターかがみ田苑と長坂の市民病院
福祉援護センターかがみ田苑と長坂の市民病院
しんぶん大村洋子ヨーコ・ヨコスカ・ストーリー♪

過去記事一覧

PAGE TOP