日本共産党
横須賀市議会議員

大村洋子

おおむら ようこ
一人ひとりが花開く“横須賀”へ
大村洋子
活動日誌

原子力潜水艦ミシシッピ入港(1002回目)への抗議行動

2020年1月21日

澄んだ青空、気温も比較的上がった大寒の昨日、横須賀基地前で抗議文を渡しました。

参加したのは鎌倉、逗子、横浜、横須賀、県内の民主団体の面々。

抗議文の手渡しの行動に対しては、いつも30分、1時間、中には2時間待たされたこともありそれを考えるだけで、正直、嫌気がさします。米海軍は何のつもりでしょうか、嫌がらせでしょうか。今回の手渡しは逗子の岩室市議が行いましたが、3回受け取るよう促して拒否され、それでも粘り強く渡したら、4度目に受け取ったとのことでした。私の時もそうでしたが、もう、儀式化されているようです。三顧の礼でしょうか。米軍なのに三国志の読み過ぎ?

先日、基地対策課と懇談した際に、担当者が「1000回大きなトラブルがなかったとしても、今後もしっかりチェックをしていく」と言っていました。その通りです。

日本の中に外国の基地があり、原子炉を積んだ潜水艦が、何度も入港する、これは異常。

異常なことには抗議の態度。これを継続させる。

1002回目寄港「ミシシッピ」抗議 (4)

新着情報

文書質問の振り返り ①
文書質問の振り返り①
議会
文書質問
文書質問
議会
自粛の影響について市内の子ども施設、医療機関、商店街、高齢者施設に聴き取りに伺いました。
自粛の影響について市内の子ども施設、医療機関、商店街、高...
しんぶん大村洋子ヨーコ・ヨコスカ・ストーリー♪

過去記事一覧

PAGE TOP