日本共産党
横須賀市議会議員

大村洋子

おおむら ようこ
一人ひとりが花開く“横須賀”へ
大村洋子
議会

臨時議会 鴨居保育園の整備について補正予算の議案審査

2019年10月21日

横須賀市議会は通年議会制をとっていまして、定例議会は年4回ですが、基本的には1年中開会しています。

ですから、9月定例議会が終了して、休会中という状況の中、本日、臨時議会が招集されました。

議案は1本。15号台風で損壊した鴨居保育園の建替えのための補正予算と繰越明許でした。

日本共産党市議団は賛成しました。

本会議場でも総員起立で全会一致で可決されました。

今回、この議案を契機に横須賀市内11ある公立保育園の築年数に着目しました。

築年数で一番新しいのは鴨居保育園の別棟で18年、その次が追浜保育園の休憩室で27年。

一番老朽化しているのは今回、台風で損壊した鴨居保育園の園舎で53年、同じく追浜保育園の乳児棟で53年です。

 

保育園名 開設年度  区分 築年数
追浜保育園 1950年 乳児棟 53年
    幼児棟 42年
    休憩室 27年
船越保育園 1948年 園舎 40年
田浦保育園 1948年 園舎 41年
逸見保育園 1951年 園舎 44年
鶴が丘保育園 1971年 園舎 48年
上町保育園 1954年 園舎 48年
    増築 37年
森崎保育園 1974年 園舎 45年
鴨居保育園 1966年 園舎 53年
    別棟 18年
ハイランド保育園 1980年 園舎 39年
津久井保育園 1976年 園舎 43年
武山保育園 1969年 園舎 48年
    増築園舎 38年

(必ずしも開設年度と築年数は合致していないようです)

私は今回、議案審査のために公立保育園再編実施計画の上記の資料を見る機会を得まして、改めて愕然としました。

40年以上の園舎がゴロゴロあります。

台風は今後気候変動の影響で巨大化すると言われていますし、地震も想定されます。

今日の質疑の中で、2年前に改修したとのことでしたが、53年もの築年数の鴨居保育園が15号台風に絶えられなかったという事実は、起こるべくして起こったと言ってもいいのかもしれません。

しかし、小さいこどもたちたちの施設であることを考えれば、これは放置してはならない問題です。

これは本当に深刻です。

胃が痛くなるような深刻さです。

再編計画で市はこども園への統合と民営化を打ち出していますが、それじたい問題ありだとおもいますが、それよりなにより、これは「今、そこにある危機」だと思います。

 

国は教育・保育の無償化を言っているけれど、全国の保育園の老朽化に対して自治体に国庫補助をすることが必要です。

F35ステルス戦闘機やイージス・アショアなんか爆買いしてる場合じゃないでしょう。

本気で子育て支援をしなければ、少子化に歯止めなどかからないんだから。

ああ、嘆かわしい。

台風によって損壊の被害を受けた鴨居保育園視察 (2)

損壊した鴨居保育園の園舎 9月13日大村洋子撮影

新着情報

教育福祉常任委員会他都市調査 報告書②
NEW
教育福祉常任委員会他都市調査報告書②
議会
災害について思うこと
NEW
災害について思うこと
活動日誌
教育福祉常任委員会他都市調査 報告書①
NEW
教育福祉常任委員会他都市調査報告書①
議会

過去記事一覧

PAGE TOP