日本共産党
横須賀市議会議員

大村洋子

おおむら ようこ
一人ひとりが花開く“横須賀”へ
大村洋子
活動日誌

いらない原子力空母 夏パレード

2019年8月18日

要らない原子力空母夏パレード2019 (2)

「一人ひとりが風を起こして、原子力空母は本国へ帰ってもらおう!」

今日のパレードのアイテムは「うちわ」

進行役の方のユニークなあいさつによりはじまりました。

要らない原子力空母夏パレード2019 (4)

原子力艦船が横須賀に初めて来たのは1966年の原子力潜水艦「スヌーク」。今日、発言された方の計算によると、これまで原子力艦の通算滞在日数は11260日で、これは30年を超えることになります。そして、原子力艦船の通算寄港数も今年度中には1,000回を超える勢いです。日米の政府も米海軍もこれまで、放射能事故は1度もないと言いますが、2006年には原潜ホノルルのコバルト58、コバルト60の検知、2006年から2008年にかけて原潜ヒューストンも放射能を垂れ流し続けていたとのことです。

要らない原子力空母夏パレード2019 (21)

私は原子力空母の問題を憲法の前文や13条の幸福追求権との関係で質問に仕立てて市長に質してきましたけれど、いつも安全保障の運用の問題に矮小化され、それはもう、自治体の首長がとやかく言える問題ではないかのような答弁の繰り返しでした。住民の命や健康や安全・安心、幸福に生きる権利に抵触するというのに、まともに考えないという歴代の市長の態度、こんなことで良いのでしょうか。純粋無垢なこどもたちに顔向けできないと思いますよ。

要らない原子力空母夏パレード2019 (23)

こじんまりした50人ほどのパレードでしたけど、終わって、ほんわかしましたね。

車から手を振ってくれた若いお兄ちゃんもいましたっけ。

新着情報

上地市政折り返し 「平和モニュメント」の撤去・新設問題 台風で損壊常態の鴨居保育園を視察
NEW
上地市政折り返し「平和モニュメント」の撤去・新設問題台風...
しんぶん大村洋子ヨーコ・ヨコスカ・ストーリー♪
NEW
性的多様性の理解促進のための議員研修会の実施を望む陳情
議会
アスベストに関する条例への規制緩和の陳情
NEW
アスベストに関する条例への規制緩和の陳情
議会

過去記事一覧

PAGE TOP